ホテルでの宿泊でつらい思いをした人も多いと思います。部屋に泊まっていると部屋の中は乾燥してくるため、風邪をひいてしまったという経験をしている人もいると思います。なじみのない土地で体調を崩すと治療が大変ですし、旅行に来ていた場合はせっかくの旅費が無駄になってしまいます。ホテルの乾燥程度で体調を崩さない健康的な体をしているということが一番理想的ですが、全員はそういうわけにはいかないので乾燥対策について考えていってみましょう。

ホテルの部屋が乾燥してしまう理由は気密性が高いという理由があるからです。空気が循環しにくく、外からも入ってこないのでエアコンをつけていると湿度がどんどんと減っていきます。寝て起きたら喉が痛くなりガラガラ声になってしまうこともあります。喉が痛い状態では食事もおいしくありませんし、せっかくの旅行も楽しさが半減してしまいます。

外気を取り入れて空気を循環させるだけでも乾燥対策にはなりますが、外が寒いとあまり効果がありません。一番の乾燥対策は加湿器を使って湿度を保つことです。ホテルに備え付けられていることもあれば用意してくれるホテルもあります。部屋にない場合にはフロントに電話をして相談してみてください。